2022年11月18日

iTunesカードの買取現金化に違法性はないものの規約の壁を超えるのは大変

投稿者: 阿部
Delicious にシェア
Pocket

iPhoneのアプリをダウンロードしたり音楽を購入する場所をiTunesストアと言います。

iTunesカードやAppleギフトカードと呼ばれるのは、そのiTunesストアで現金やクレジットカードの代わりに課金をすることができるアイテムです。

iTunesカードはiTunesストアでは額面の金額通りに買い物をすることができますが、それ以外の場所ではまったく使うことができません。

そのため使わないままになっているiTunesカードは現金化してしまいたくなりますが、実はiTunesカードの現金化には様々なハードルがあります。

違法性こそないものの簡単に買取に出せるわけでもないので、iTunesカードの現金化を考えている場合は正しい方法をしっかり勉強しておくようにしましょう。

iTunesカード買取に違法性はないが規約の壁がある

iTunesカードを買取に出すことや、買い取って現金化すること自体に違法性はありません。

それは普通のチケットや電車の切符を金券ショップで現金化するのと基本的には同じ行為だからです。

ただしiTunesカードのようなデジタルギフトカードには普通のチケット類と比べて、より現金に近い運用ができるという特徴があります。

購入方法と買取の仕組みによっては違法性の高い取引も可能となってしまうため、その抜け道を防ぐために各社は独自の規約によってiTunesカードの買取現金化を抑制しています。

iTunesカードを販売するAppleだけでなく大手の金券ショップやフリマサイトなども規約によってiTunesカードの取り扱いを封じているため、そうした場所では現金化は不可能となります。

もし規約違反をしてしまうとそれぞれの場所でアカウント停止といった重大なペナルティを受けることになるので、違法性がないからといって無理をするのは禁物です。

iTunesカード現金化を合法的に行う手段

iTunesカード現金化を法律にも各社の規約にも触れない形で達成するには、iTunesカードのようなデジタルなギフトカードの買取を専門的に行なっている業者を頼るのが一番簡単です。

こうした業者はリアル店舗ではなくネット店舗で営業を行なっており、身分証による年齢確認だけでiTunesカードの買取現金化を請け負ってくれます。

特にカードに記載されたコードを送るだけで買取が成立する場合は、ネット上の手続きだけでその日のうちに現金を振り込んでもらえるので大変便利です。

ただしこうした業者の中には違法なものが紛れていることもあるため、必ず利用前には業者の評判と実績を調べておくようにしましょう。

ポイントとしては中古業者が取得する古物商取引の許可番号を確認するのがおすすめです。

iTunesカード買取現金化の違法性についてのまとめ

iTunesカードの買取や現金化そのものに違法性はありませんが、色々な事情からAppleや大手金券ショップなどは規約によってiTunesカードの買取に厳しい制限を設けています。

個人がその規約を掻い潜って現金化をするのは非常にリスクが高いため、よほどの理由がない限りはネット上で運営されている買取業者サイトを使うようにするといいでしょう。

ただし買取サイトの中には違法業者によるものが紛れ込んでいる場合もあるため、申し込む前に必ずその業者の合法性についてはチェックしておきましょう。

Delicious にシェア
Pocket