芸能人は歯が命でお馴染みのホワイトニングが流行

Bookmark this on Delicious
Pocket

「芸能人は歯が命」というCMが一昔前に大流行しました。
そして芸能人ではなくても、やはり黄色い歯よりも白い歯の方が印象がいい事は事実です。
なぜ歯は黄ばんでしまって、そして黄ばんでしまった歯を白くするためにはどうしたらいいのでしょうか?

歯が黄ばんでしまう理由

歯が黄ばんでしまう理由は、複数の理由が関与しています。
まず色の濃い食べ物を口にすると歯に着色汚れが残ってしまうのです。
例えばカレーライスや、コーヒーなどです。
すぐに歯磨き出来ない状況だとしても、濃い食べ物を口にした場合は、食後すぐに口をゆすぐ習慣をつけましょう。
そしてアルコールや喫煙の習慣がある人も注意が必要です。
アルコールにも喫煙も歯が黄ばむ原因となってしまいます。

またこれは仕方がない事なのかもしれませんが、加齢に伴い徐々に歯は黄ばんでしまいます。
だからこそ歯が黄ばむと老けて見えてしまうのです。
しかし黄ばんだ歯がもう二度と白くならないのか?というと、白く見せる方法はあります。

ホワイトニングについて

ホワイトニングは黄ばんだ歯を専門の薬剤を使用し、白くするものです。
歯が汚れていると、薬品がちゃんと作用しないため、ホワイトニングの前に必ず歯を洗浄する必要があります。
ホワイトニングは歯科医院で施術を行うタイプと自宅で行うタイプがあります。
自宅なら気軽に出来そうと思うかもしれませんが、自宅のホワイトニングは歯型が必要となります。
そしてその歯型を作るために一度歯科医院へ訪れる必要があります。
ホワイトニングは確かに歯が白くなりますが、その効果は永続する事はありません。
ホワイトニングの効果は個人差がありますが、2~3年程度です。
白い歯をキープするのには、定期的にホワイトニングをする必要があるので、かなりお金がかかる事を覚悟しておきましょう。

歯のジェットクリーニング

歯のジェットクリーニングも歯を白くする事が可能です。
自分で歯磨きをするだけではなかなか落とす事が出来ない歯の着色を、超音波のジェットクリーニングをする事で汚れを落とします。
超音波の振動で汚れを落とすので、歯の表面が傷つく事もなく、歯茎が傷つく事もないため安全な方法だと言えるでしょう。

Bookmark this on Delicious
Pocket