歯の矯正は今後の歯並びに大きく影響する

Delicious にシェア
Pocket

子供の歯の矯正

子供と一括りにしても、矯正を始める年齢によってその施術方法は変わってきます。
例えば6歳~10歳までに矯正を始めるとあごの骨や骨格を綺麗に整える事が可能です。
しかし10歳以上になると骨格矯正は難しくなるので、永久歯がすべて生え終わるのを待って歯列矯正をするといいでしょう。

大人の歯の矯正

子供の歯の矯正は子供が歯医者が嫌いである事、また見た目を気にして矯正を嫌がる事など子供の時に矯正をしなかった大人が対象です。
歯の矯正の技術が自分が子供の頃よりも進化し、矯正器具が小さくなり、歯の裏側につける事で見た目も気にならないものもあります。
また寝る間だけマウスピースを付ける事で歯を矯正する方法もあります。

やはり歯並びが悪いと、第一印象が悪くなってしまうという事情もあります。
他にも歯並びが悪い事で生じるデメリットは噛み合わせが悪く顎に負担をかけていたり、磨き残しで虫歯になりやすかったりします。
そのため大人になってから、ちゃんと歯並びを矯正しようと考える人も少なくないのです。

Delicious にシェア
Pocket