ブラケットに抵抗がある人におすすめする舌側矯正

Delicious にシェア
Pocket

舌側矯正とは

舌側矯正という言葉を初めて聞いたという人もいるかもしれません。舌側矯正または裏側矯正と呼ばれる事もあります。
通常は表から矯正をしていましたが、ブラケットに抵抗があり矯正が出来ないという人が大勢いたため裏側からつけるという発想になったのです。
裏からつけていれば表からは見えません。

舌側矯正のメリットとデメリット

舌側矯正のメリットはなんといっても矯正している事が周囲の人にバレないという点です。
そして矯正の効果もほぼ表から矯正する事と変わりません。
仕上がりも治療期間もほぼ同じです。

ただしデメリットもある事を理解しておきましょう。
まずブラケットが表バージョンよりも裏バージョンの方が手間がかかるため料金が高くなります。
また裏側につける事で口内炎が出来やすいという声も聞こえています。

しかし表につけるのが嫌だから矯正しないでいると、見た目の問題だけでなく、虫歯や歯周病、噛み合わせが悪いと消化不良の原因となります。
健康を損なう恐れがありますから、やはり今からでも遅くありません。
矯正を考えている人は舌側矯正も検討してみる事をお勧めします。

Delicious にシェア
Pocket