歯磨きをしても虫歯になるのはなぜかしら?

Delicious にシェア
Pocket

虫歯の原因

まず虫歯とは、虫歯菌という殺菌が発生する事が原因です。
そしてその虫歯菌はプラークと呼ばれる、歯の汚れや歯垢に存在します。
この虫歯菌が糖分をエサにして増えていきます。その過程で酸が発生するので、その酸が原因で歯が溶けて虫歯になります。
プラークは歯磨きをしたからといって100%洗浄出来ているとは限りません。
歯磨きが正しく磨けていないと、磨き残しがあり、虫歯菌が発生してしまうのです。

正しい歯の磨き方

では正しい歯の磨き方について説明したいと思います。
よく歯磨き粉は大量に付けた方が泡立ちがよく歯を磨けていると思いがちです。
実際には小指の爪ほどの少量の方が汚れはしっかり落ちます。
そしてゴシゴシと力を入れて磨くと歯の付け根が削ららて、歯周病の原因にもなってしまうので注意して下さい。
正しくは、歯ブラシは軽く持ち、力を入れずに毛先を歯に押し当てる感じで、振動させて1本ずつ磨くようにしましょう。
歯ブラシは毛先は小さく奥歯まで届くものを選んでください。

1日3回、正しい方法で歯磨きをして、そしてフッ素やキシリトール配合の洗浄剤で口を洗浄する。
あとは3ヶ月に1度の定期検診で、自分ではなかなか磨けない歯垢までしっかり洗浄してもらう事で虫歯予防していきましょう。
万が一虫歯が発生してしまっても、定期検診を受けておけば、初期段階の虫歯で発見し、早期治療が可能です。
そうすれば治療にかかる時間は短時間で、料金もそれほど高くはなりません。

Delicious にシェア
Pocket