歯石は保険適用がされるのか?

Bookmark this on Delicious
Pocket

歯石の保険適用は歯科医院によって異なる

最初に把握して欲しい事は、歯石を取るのに保険を適用してくれる歯科医院と適用してくれない歯科医院が存在するという事です。
もちろん保険の有無ではその料金は大きく異なります。3割負担と全額負担のどちらになるのかという事ですから3倍以上の金額になります。
ではなぜこんな事が起きるのか?というと、それは歯科医の取り組み方の違いだと言えるでしょう。

本来、虫歯治療や歯周病治療など治療をしなければ日常生活に支障が出るようなものは当然保険が適用されます。
しかし見た目をよくしたいという美容目的で行う施術には保険が適用されないようになっているわけです。
歯石は・・・・というと、今すぐ治療が必要という施術ではありません。
そのため厳密的に歯石を取り除くだけの場合は、保険が適用されないのが正しいのです。

保険適用してくれる理由

ではなぜ保険適用してくれる歯科医院が存在するの?と不思議ですよね。
これは歯石をそのまま放置する事で、歯周病や虫歯になる可能性があり、取り除く事を予防と考えるからです。
そして予防も治療の一種だろうと考えるため歯周病予防の観点から保険を適用して請求する事が可能だからです。
もっとも患者に経済的負担をかけないためという理由からではありません。
保険が適用されていないとなぜ保険を適用してくれないのかというクレームに発展する可能性が非常に高いのです。
そしてその都度説明するのが面倒くさい、自分が損するわけではないから保険適用でいいや、そう考える歯科医院が多いのです。

Bookmark this on Delicious
Pocket