歯の詰め物に使用したいインレー素材

Bookmark this on Delicious
Pocket

ゴールドインレー

ゴールドインレーとは金や金にプラチナを加えて作られます。
金の特徴としては錆びにくく、金属アレルギーになりません。
また硬度があまり金にはないので、噛み合わせで他の歯を傷める心配もありません。
メリットばかりに思えるかもしれませんが、大きなデメリットは素材としての金は高く、また保険が適用されないので全額負担になる事です。

セラミックインレー

セラミックとは陶器の素材としてよく用いられます。
変色せずに、口臭の心配も、金属アレルギーになる心配もありません。
また銀歯と違い、色が白いため、詰め物が目立たないというメリットもあります。

ジルコニアインレー

ジルコニアとは耐久性に優れ、強度も強く、白色なので詰め物が目立たないというメリットがあります。
また奥歯など噛む力がつよいところには最適の素材だと言えるでしょう。

コストの問題もありますから、どの素材を使用するかは歯科医と相談して決めるといいでしょう。
しかし安い素材を使用し、結果としてすぐに詰め物が痛んでしまう、そこから虫歯が再発してしまい再度治療となるぐらいなら長い目で見て選びましょう。

Bookmark this on Delicious
Pocket