なぜ健康は歯を抜くのか?

Delicious にシェア
Pocket

丈夫で健康な歯であっても抜歯する必要があるのかというと、それは顎のサイズが小さすぎるからです。
私たち日本人は昔と比べると小顔になったと言われます。
生活習慣の変化が大きく関わっているのですが、単純にスタイルがよくなったと喜んではいけません。
食事の際にしっかり噛んでモノを食べないから顎が退化したとも考えられるからです。
最近では親知らずが生えない、親知らずが生えるスペースがなくて、横向きに生えてくるという人も少なくないのです。

つまり歯が収まるスペースが顎にないために、歯並びが悪くなる前に健康な歯を抜いて調整しようという考えなのです。
見た目が悪くてもそのまま歯を抜かないか、見た目重視で歯を抜くかという選択をしなければいけません。

健康な歯を抜いても大丈夫?

しかし健康な歯を抜いても大丈夫?
大人になってから支障が出たりしない?と心配になる人もいるでしょう。
世界で数百万人の人が歯の矯正のために健康な歯を抜いています。
ですが、現時点では健康な歯を抜いたために、健康が損なわれる結果になったというトラブルは発生していないようです。

それに歯を抜かない事で起こるトラブルもあります。
噛み合わせが悪く消化不良になってしまったり、また歯並びが悪いと歯と歯の隙間が自分では上手く磨けずに虫歯や歯周病なりやすいのです。
健康な歯を抜く事が、健康のためと言われたら考えてしまいますよね。

Delicious にシェア
Pocket