歯周病にならないために行う予防メンテナンス

Bookmark this on Delicious
Pocket

歯周病になる確率は加齢に伴い上昇します。
歯周病は世代によっては実に8割以上の人が歯周病だというデータもあります。
つまり歯周病は決して他人事ではありません。では歯周病にならないためにはどうしたらいいのでしょうか?

歯周病の予防策

歯周病の原因はプラークに存在する歯周病菌です。
そのためプラークをつかないようにする事が重要なポイントです。
ただしい歯磨きの方法で磨く事、そして定期検診でプラークやプラークが石灰化した歯石を洗浄するようにしましょう。

歯磨きは小さい頃から毎日している行為なので意識しないで歯を磨いているという人が多いでしょう。
しかしその歯磨き方法が間違っている可能性は実は高いのです。
歯ブラシん磨き方からブラッシングの方法など磨き残しがないか、歯磨きの指導を歯科医院では行っています。

歯周外科で予防

歯周外科では歯茎を開いて普段は見えないような場所までしっかりと歯石を取り除いてくれます。
また歯並びが悪いとどうしても磨き残しが悪いため、形を整え磨き残しになりにくい口内環境に改善してくれます。
保険が適用されないため料金は高く感じてしまうかもしれませんが、歯槽骨や歯茎を増量する事も出来ます。

歯周病は生活指導やメンテナンスをしっかり行う事で、発病する確率を下げる事が可能です。
健康な歯でなければ、身体の健康を維持する事は出来ません。
高齢者になっても自分の歯が残っているように、若いうちから歯周病の予防をするという考え方は大切な事なのです。

白い歯になるためにやることはたくさんあります

歯は日常生活の中で徐々に黄ばんでしまいます。
コーヒーや紅茶などの色の濃い飲み物やアルコール、タバコなどの嗜好品、また加齢も歯の黄ばみの原因と考えられています。
しかしやはり白い歯の方が印象はよく見えますよね。
では黄ばんでしまった歯をもう一度白くするためにはどうしたらいいのでしょうか?

ホワイトニングで歯を白くする

美容歯科で歯を白くする方法をホワイトニングと呼びます。
これはペルオキサイドと呼ばれる専用の薬剤を歯に塗り、そしてレーザーに当てる事で色素を分解し歯の明度を上げます。
そうする事で歯が白く見えるようになるのです。
ホワイトニングの施術には痛みを伴わないので、歯医者嫌いの人でも安心して行ってもらえるはずです。

ホワイトニングの料金

では美容歯科でホワイトニングの施術を受けるといくらぐらいの料金がかかるのでしょうか?
まず知っておいて欲しいのは、ホワイトニングは保険が適用されないという点です。
また歯科医院によって料金設定が大きく異なりますし、歯の本数や程度によっても金額は変わってきます。
全部の歯をホワイトニングで白くと思った場合で20万円前後の料金がかかると考えておきましょう。
ただし、ホワイトニングとは1回すればずっと白い歯がキープする事が出来るのかというと、そうではありません。
効果は2~3年程度と言われています。
2年で20万円、1年で10万円、年間で10万円毎年ホワイトニングの出費がかかると考えると高いと思ってしまいますね。

Bookmark this on Delicious
Pocket